結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > 鍛造製法の結婚指輪が人気な理由とは?おすすめブランドもご紹介!

結婚指輪(マリッジリング)を選ぶとき一番重要視するはデザイン性だと思います。
しかし最近はデザインももちろんこだわりたい、それにプラス「強度」「耐久性)「着け心地」にこだわる方も増えてきています。
一生着けるからこそデザインも大事ですが強度にもこだわりたいですね!そこで強度抜群な指輪の製造方法「鍛造づくり」についてご紹介致します。

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

大阪 結婚指輪 鍛造

映画「ロードオブザリング」にも使われた歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と最先端の技術の融合から生み出されるフィッシャーのトゥルーリング。

≪ FISCHERのデザインをチェック ≫

大阪 結婚指輪 鍛造

万年筆や高品質文具で有名なPilotからお二人の喜びを分かち合う、ブライダルリングが誕生。エレガントなデザインからクラシカルなデザインまで幅広く展開。

≪ Pilot Bridalのデザインをチェック ≫

大阪 結婚指輪 鍛造

Pt999という特別な素材を使ったマリッジリングにふさわしく”最高のプラチナ”を”最高の二人”が恋愛の”最後”を飾るという
ドラマティックな意味を込めたネーミング。

≪ RosettE SPのデザインをチェック ≫

 

▼鍛造製法の長所は?
・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い

▼鍛造作りの短所は?
・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい
・職人の技量や経験が問われます

鍛造製法の関連記事

ご来店予約

 

 

 

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る