結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > 婚約指輪を買う前に必ず知っておきたい!ダイヤモンドを選ぶ基準、”4C”って?

ダイヤモンドと調べたら必ず出てくる”4C”の文字。だけどイマイチ意味が分からない・・。そんな方も多いのではないでしょうか?今回はそんな4Cについてまとめてみました♪

 そもそも4Cって何?

①CARAT(カラット)

②COLOR(カラー)

③CLARITY(クラリティ)

④CUT(カット)

この4つの頭文字をとって4Cと呼びます。この言葉は世界共通基準なのでどこの国へ行ってもダイヤモンドの価値というのは伝わります。

 CARAT(カラット:重量)

カラットと聞くとダイヤモンドの大きさを想像する人も多いですよね。実はカラットとはダイヤモンドの大きさではなく、重さを表す単位なんです。

 COLOR(カラー:色)

 

カラースケール
ダイヤモンドといえば無色透明なものを思い浮かべる方も多いと思いますが、実はダイヤモンドの色味も様々でアルファベットのD~Zの23段階で表されます。Zに近づくにつれ黄色みや灰色みを帯びた色合いになってきます。それもダイヤモンドの個性なのですが一般的には無色透明なほど高品質なダイヤモンドと評価されています。

 CLARITY(クラリティ:透明度)

ダイヤモンドの中には顕微鏡で見ないと分からないほどの小さな内包物があります。人間でいうホクロのようなものです。クラリティはその内包物の大きさ・場所・色・数などを評価した基準です。内包物が少なく、透明度が高いものがより輝くダイヤモンドとして評価されます。

CUT(カット:研磨) 

天然のダイヤモンドに唯一、人が手を加えることが出来るがカット(研磨)。ダイヤモンドの輝きを決定づけるともいわれる一番大切な要素です。その中の3つの要素(プロポーション・ポリッシュ・シンメトリー)を全て5段階で評価をし、評価の高いダイヤモンドのほど美しく輝きます。


いかがでしたか?<4C>の評価によってダイヤモンドのお値段も様々です。またこの<4C>の評価にプラス<輝きの評価>もついた【IDEAL】という最高峰のダイヤモンドもご用意しております。是非一度garden心斎橋にお越しください♪

ご来店予約
 

《各店関連記事》

 

 

 

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る