So(ソウ)

So

so-concept

So Happy! So Sweet! So Beautiful! soは、素敵な気持ちをもっともっと素敵にする言葉。 明るく軽やかなその響きは、7つの力ラーストーンが放つ まばゆい輝きにも、あざやかにリンクします。 ファッションリングの延長線上で選べるこのジュエリーは きっと、ふたりの飾らない素顔、ふたりの本当の気持ちに似合うはず。 より「添う」、ふたつ、対を意味する「双」、 ふたりらしい人生をつくる「創」、幸せを「奏(かな)」でる「奏」 弾むような英語の響きに隠された、美しい日本語たち。 長い歳月を重ねると共に、自然に“SO”から“そう”へ… ふたりの穏やかな変化にも、このリングは優しく寄り添います。

【大阪・心斎橋・なんばでカラーストーンブランドのソウSOの婚約指輪・結婚指輪の正規取り扱い店はgarden心斎橋】

コンセプト

「SO」という魔法
ありふれたHappyより、SO Happy、平凡なLoveより、So Beautiful Love、SOの魔法で、2人はもっと特別になる。
So Happy! So Sweet! So Beautiful! soは、素敵な気持ちをもっともっと素敵にする言葉。
明るく軽やかなその響きは、7つの力ラーストーンが放つ まばゆい輝きにも、あざやかにリンクします。 ファッションリングの延長線上で選べるこのジュエリーは きっと、ふたりの飾らない素顔、ふたりの本当の気持ちに似合うはず。
より「添う」、ふたつ、対を意味する「双」、 ふたりらしい人生をつくる「創」、幸せを「奏(かな)」でる「奏」 弾むような英語の響きに隠された、美しい日本語たち。
長い歳月を重ねると共に、自然に“SO”から“そう”へ… ふたりの穏やかな変化にも、このリングは優しく寄り添います。

特徴

選べる7つのカラーストーン

ピンクサファイヤ

ピンクサファイヤはルビーと同じ鉱物コランダムの一種です。恋愛運アップの効果がある石で、二人の仲を深める効果があります。

ホワイトサファイヤ

無色の天然コランダムです。純粋なエネルギーを持っています。心機一転して何か新しく取り掛かる際のお守りとしても良いでしょう。

ブルーサファイヤ

ルビーと同じ鉱物コランダムの一種で、ダイヤモンドの次に硬いと言われております。あらゆる思考・細胞から不純物を洗い流し、新鮮なエネルギーで満たし、再活性化してくれます。

アクアマリン

アクアマリンはこの世にある不透明なモノをすべて洗い流せる微笑みを持っています。すさまじく澄んだエネルギーがあなたをもたらします。パートナーとは親密さは深まり、実りのある結婚生活へと発展していくことでしょう。

シトリン

シトリンは常に光とともにあり、自らも黄金の光線を放ち続けている美しき存在です。この石のいくところ全てに豊かさと繁栄の光が差し込まれていきます。

ルビー

ルビーはハートに火をつける石です。燃えるような赤色には不滅の炎が宿るとされ、健康や富を守護し、満ち足りた気持ちと深い愛情に恵まれるパワーを与えてくれるでしょう。

ペリドット

ペリドットは太陽の石です。ネガティブなエネルギーから身を守り、災いや悪魔を追い払う魔除け効果があり、トラブルのない平穏な日々を守ってくれます。

その他よく似たブランド

garden心斎橋婚約指輪人気デザインBEST3

心斎橋なんばでソウSOの婚約指輪はガーデン

1位

アクアマリン×S字

心斎橋なんばでソウSOの婚約指輪はガーデン2

2位

ピンクサファイヤ×エタニティ

心斎橋なんばでソウSOの婚約指輪はガーデン3

3位

ルビー×ストレート

garden心斎橋結婚指輪人気デザインBEST3

1位

アクアマリン×S字

2位

ブルーサファイヤ×S字

3位

ブルーサファイヤ×カット

garden心斎橋スタッフオススメコメント
ソウSOの指輪はカラーストーンが特徴です。カップルさんの結婚においてのテーマカラーや、女性が好きな色の石をチョイスしてプレゼントされる方も多いです。指輪名も言葉遊びで決められるので思い出に残りやすいです。黄色や黄緑といったシトリンやペリドットなどを取り扱う結婚指輪は少ないので、おすすめです。

ご来店予約

ブライダルパックの説明

ダイヤモンドの輝きの評価

銀の指輪の説明

干す石の修理・加工の説明

  • 掲載している商品で、一部店頭に在庫が無い場合がございます。在庫に関してはお気軽にお尋ねください。
  • 店頭には掲載の商品以外にも多数ご用意がございます。
  • 商品の価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ご覧のディスプレイによって、実物と色が異なる場合がございます。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る