結婚指輪のgarden心斎橋 > ブライダル > Beauty and the Beast CITIZEN(シチズン)

Beauty and the Beast CITIZEN(シチズン)(ディズニー美女と野獣)

Beauty and the Beast CITIZEN(シチズン)

ディズニーの結婚指輪・婚約指輪、ディズニーアニメーション「美女と野獣」のブライダルコレクションが登場しました。
ベル役としてエマ・ワトソンが主演する実写版映画の発表や、2020年に新しいアトラクションとして登場予定など、今ディズニーの中でも話題沸騰中の『美女と野獣』。
ベルと王子の美しさや愛に溢れたデザインです。 ぜひ、店頭でお手にとってご覧ください。

~コンセプト~
ずっと夢に見ていた「真実の愛」
「おれたちが待ちに待った女の子だよ!魔法の呪いを解きに来た!」

「真実の愛」をテーマにした名作、ディスニーアニメーション美女と野獣。
外見の醜さで人を判断した傲慢な王子が、魔女の魔法により醜い野獣の姿に変えられてしまったことから物語は始まります。
その魔法の呪いを解くには「真実の愛」を見つけ出すしかありません。
魔女が置いていった一輪の薔薇の花が散ってしまう前に。。。
それから何年もの歳月を経てお城をおとずれたのは、美しく聡明な女性ベル。
ベルは野獣の外見ではなく内面の優しさに気づき恋に落ちます。
また野獣もベルと心を通わせることによっ「思いやり」と「愛」に目覚めていきます。
様々な困難を乗り越え、ついに二人はお互いこそが運命の相手だと気付くのです。
そんな美しい物語「美女と野獣」の中に登場する印象的な色とともに、願いを込めた宝石をリングの内側に秘めました。
ふたりだけが知る「真実の愛」への願いをリングに込めて。。。
いつの時代も恋人たちを魅了してやまない最高のロマンティックストーリーをお届けするブライダルコレクションです。

付属品

 

オルゴール

指輪ケース

ブリザーブド

リングの内石

ディスニー映画美女と野獣には印象的な「色」が数多く登場します。
魔法の薔薇の赤、ベルの黄色、野獣の青。
それぞれ、婚約指輪、結婚指輪のリングの内側にそんな色の願いを込めた石をセッティング。
エンゲージリング内側・・・赤のルビー:石言葉「深い愛情」
マリッジリングレディース・・・黄色のイエローサファイヤ:石言葉「知性、優しさ」
マリッジリングメンズ・・・青のブルーサファイヤ:石言葉「一途な愛、誠実」

期間限定モデル

ビューティフルライトベルの愛情によって、魔法の薔薇の呪いが解けていく・・・
そして野獣は王子の姿に戻ります。「真実の愛」により呪いが説ける感動的なシーンをイメージしたモデル。野獣にかかった呪いが解けていく瞬間、光がふたりを包み込みながら螺旋に眩く輝きます。その光の美しい流れをゴールドのラインで表現しました。

デザインコンセプト

ベルウィズビースト

こちらに本文正装をしたベルと野獣は恥らいながら階段n踊り場であいさつを交わします。結婚指輪はベルの胸元のドレスを表し、婚約指輪は立体的な腕の形状やミルのダイヤセッティングで「美女と野獣」の物語の場面を彩る、お城やボールルームの装飾をイメージ。

ローズドーム

こちらに本文お城の奥に迷い込んだベルは、妖しく輝く美しい薔薇に魅了されます。結婚指輪は「薔薇のとげ」をイメージしたミルウチがポイント。婚約指輪は閉じ込められたバラのガラスドームをイメージ。

高品質

エンゲージリング、マリッジリング共にダイヤモンドは全てハート&キューピッド(H&C)のものを使用。
上からスコープで見るとキューピッドの矢、底面からはハートの形が現れるプロポージョンをシンメトリー(対称性)に優れた美しいカットが施されたダイヤモンドのみに確認できる現象です。

また、プラチナ素材には純度の高いプラチナ950を使用。

メンズモデルはそれぞれ幅の太さが選べる2種類ご用意。

その他のディズニーブランド

garden心斎橋スタッフのおすすめコメント
美女と野獣モデルは今までのシチズンディスニーラインに比べてデザイン性があり、コンビタイプのデザインは人気があります。また、付属品のオルゴールは日付等もお入れすることが可能なので、結婚式等にも使用できます。

ご来店予約

ブライダルパックの説明

ダイヤモンドの輝きの評価

銀の指輪の説明

干す石の修理・加工の説明

  • 掲載している商品で、一部店頭に在庫が無い場合がございます。在庫に関してはお気軽にお尋ねください。
  • 店頭には掲載の商品以外にも多数ご用意がございます。
  • 商品の価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ご覧のディスプレイによって、実物と色が異なる場合がございます。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る