結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > 素材や強度にこだわるならPilot Bridal【パイロットブライダル】
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

結婚指輪を選ぶ際には、どういった点を重要視して指輪を選びますか?
指輪のデザイン・素材・着け心地・耐久性・価格・・・など。人それぞれ結婚指輪を選ぶ際に重要視する点は違うと思います。その中でも今回は素材や耐久性を重視しているブランドPilot Bridal【パイロットブライダル】をご紹介致します!

 Pilot Bridalのこだわり

パイロットブライダルの結婚指輪はgarden心斎橋

 

・素材
パイロットブライダルが開発した高純度の新素材(特許所得)『UHP』(ウルトラハードプラチナ)を、独自の貴金属加工技術で造り上げたパイロットブライダル。ダイヤとプラチナが放つ不変の輝きは、当社の確かな品質と髙い技術の集大成といっても過言ではございません。理想的な指あたりを叶える、洗練のフォルムとシンプルなデザイン。家族や友人への感謝をこめて結婚式を挙げる二人に相応しい『愛の証』の創造こそパイロットブライダルの使命です。

UHP(ウルトラハードプラチナ)とは?
UHP999とは、ウルトラハードプラチナ(Ultra Hard Platinum)の頭文字で、プラチナ純度99.9%の宝飾専門プラチナ素材です。UHP999は、パイロットコーポレーションが開発した、日常生活では変形しない強度と耐久性を備えるオリジナルのプラチナで、パイロットブライダルに使用されています。ビッカース硬度はHv200を誇り、長年にわたり万年筆のペン先で培った高度な金座億加工技術だけが実現できる硬度です。
※ビッカース硬度
ビッカース硬度とは「硬さ」を表す尺度の一つで、ダイヤモンドで出来た圧子を押し込み、その際できるくぼみの面積の大小にて硬さを判断します。単位はHvで表し、数値が大きいほど硬いことを意味します。

・鍛造製法
UHP999のインゴット(のべ棒)をローラーで圧力をかけながら何回も圧延し約5分の1の厚さまで圧縮します。圧力により金属の密度を高めて硬度を上げる「鍛造製造」によって硬素材のUHPをさらに硬く強くします。型に流し込み作る「鋳造製法」の指輪に比べ約3倍の変形強度があります。
さらに、ドーナツ型に抜き出したUHPを曲げおこし、つなぎ目のないリングを作る「シームレス製法」を採用。つなぎ目のない指輪は演技がいいとされ、結婚指輪には最適です。

パイロット結婚指輪大阪7

パイロット結婚指輪大阪8

・着け心地
〈内甲丸〉
内甲丸とは着け心地を良くするためにリングの内側の角をとり、丸く仕上げる加工のことをいいます。
通常、日付やイニシャルなどの刻印をするため、リングの内面を平らな面に加工して作られます。パイロットブライダルのリングは、機械加工ならではの精密な曲面形状に仕上げることで、角が無いためなめらかな指あたりを保ちながら、刻印や誕生石を入れられるようにしました。

 Pilot Bridalのデザイン

いかがでしたか?
店頭にはもちろん、デザイン・素材・着け心地・耐久性・価格を重視しているブランドがたくさんございますので
是非一度garden心斎橋にお越しください!

ご来店予約

《各店関連記事》

garden梅田

garden本店

garden神戸三ノ宮

garden姫路

garden京都

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る