結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > どうして結婚指輪をつけるのか?結婚指輪に込められた意味とは?

結婚をするお二人にとって当たり前のように欠かせないもの
それが結婚指輪です。

 

 

その結婚指輪が当たり前になった理由は?

どうして左手の薬指に着けるのか

結婚指輪に込められた大切な意味についてお伝えいたします。

 


元々ヨーロッパで普及していた西洋文化でしたが
明治時代後半ごろから日本にも西洋文化が広まり
大正時代には結婚指輪が一般的になり結婚指輪着けるのが
日本にも定着してまいりました。


 

そしてなぜ、結婚に対して指輪を贈りようになったのかというと
指輪は丸く継ぎ目などの終わりがありません。
このことから『お二人の愛・結婚生活が永遠に続きますように』
という意味が込められております。

結婚指輪はどうして左の薬指に、と場所が決まっているのか
疑問に感じたことはありませんか?

ただ適当に決めたわけじゃなくちゃんと大事な意味が有って
左手の薬指と決められているのです。

こちらもかなり昔の古代ギリシャ時代に遡るのですが
古代ギリシャ時代では心は心臓に宿るといわれており
心と左手薬指は1本の太い血管で繋がっていると言い伝えられており
心と一番近くて繋がっている左手の薬指に
永遠の象徴である結婚指輪をつけることで
永遠にお互いの心と繋がるということを意味しております。

 

 

常に視界の片隅に結婚指輪が輝くことで
お互いの存在の大切さ尊さ、初々しい気持ちを忘れずに
これからの人生を一緒に歩んでいけます。

 

garden心斎橋も皆さまにとって温かい場所、帰る場所になれるように
皆様の指輪探しのお手伝いが出来ればと思っております。

大阪で結婚指輪や婚約指輪、ブライダルやプロポーズの指輪を専門に取り扱うジュエリーショップガーデン心斎橋

 

80ブランド1800デザインの関西最大級を誇る
garden心斎橋で素敵な結婚指輪を見つけませんか?

 


10/24・25 garden心斎橋お得で楽しい
イベント決定!!!

↓詳しくはコチラから↓
フェスタ 心斎橋 結婚指輪

 

ご来店予約
garden心斎橋ではお得にWAONポイントを使えて
お得に貯めることが出来ます。

 

 

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る