結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > 結婚記念日には周年ごとに、プレゼントすると良いものって?
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

皆さんこんにちは!
いきなりですが、結婚記念日は何しよう、、、
って悩んだことはありませんか?

よく聞く結婚10周年や銀婚式etcの他にも
年ごとに呼び方やプレゼントすると良いとされている物があります。

本日は結婚記念日について詳しくご紹介いたします!


【1年目】紙婚式
結婚1年目に迎える紙婚式には、白紙のような夫婦ふたりの将来の幸せを願う意味が込められています。
アルバムや手帳などの紙にちなんだものが、1年目の結婚記念日のプレゼントとして最適です。


【3年目】革婚式
結婚3年目は倦怠期に入って喧嘩が増える夫婦が多いと言われており、
夫婦の絆が革のように強くなるよう願いを込めて、革婚式と名付けられています。
結婚記念日には革にちなんで、使い込むほど味わい深くなる革製品をプレゼントしましょう。


【10年目】錫婚式(アルミ婚式)
10年という長い年月を、まるで錫のように美しく柔らかに過ごしてきた夫婦を祝福することから、錫婚式やアルミ婚式と呼ばれています。
結婚記念日には、錫やアルミ製の食器や調理器具のほかに、指輪などのアクセサリーをプレゼントする夫婦も多いです。


【20年目】磁器婚式(陶器婚式)
年数が経つにつれ価値の上がる磁器や陶器のような20年目の夫婦関係を表現したのが、磁器婚式や陶器婚式です。
結婚記念日のプレゼントとして、磁器製や陶器製の食器が多く選ばれています。


【30年目】真珠婚式
富と健康を表す海の宝石である真珠に例えられるのが、結婚30年目の真珠婚式です。
そのため、ネックレスやブローチなどの真珠のアクセサリーを結婚記念日のプレゼントとして贈ることも多くあります。


【40年目】ルビー婚式
40年という長い年月を共に歩んできた夫婦の絆を、深みのある赤色のルビーに例えたのが、ルビー婚式です。
結婚記念日のプレゼントには、ルビーを使ったアクセサリーが多く選ばれています。


【50年目】金婚式
金婚式は結婚記念日の中でも特に重要な記念日とされており、夫婦だけでなく、家族みんなで盛大にお祝いすることも多くあります。
50年間の夫婦の時間を金に例えているため、金を使ったアクセサリーがプレゼントの定番として人気です。


【60年目】ダイヤモンド婚
ダイヤモンドが永遠の愛の象徴とされていることから、60年目の結婚記念日はダイヤモンド婚式と呼ばれています。
ダイヤモンドの装飾品をプレゼントして、夫婦の絆をさらに固いものにしましょう。


いかがでしたでしょうか?
結婚記念日は周年にちなんだ物をプレゼントしてみてはいかがでしょう♪

garden心斎橋

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る