結婚指輪のgarden心斎橋 > ブログ > 婚約指輪を贈る意味
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

プロポーズや結納の時に欠かせない婚約指輪ですが
他に意味が込められていることは
ご存知でしょうか?

 


指輪が生まれたのは古代エジプト時代


 

 

指輪が生まれたのは
古代エジプトと言われています。

そして、婚約の証に
男性から女性へ贈られるようになったのは
古代ローマ時代と言われています。

当時は鉄の輪を
婚約指輪として使われていたそうです。

 

 

 


婚約指輪を左の薬指に着ける意味


 

 

古代エジプトの言い伝えからとされています。
左手の薬指には
心臓につながる太い血管が
まっすぐに通っていると信じられていました。

心臓、つまり「心(感情)」とつながっている薬指に
婚約指輪を着けることで
愛する女性とつながっていたいという
意味が込められています。

 

 

 

 


婚約指輪の定番がダイヤモンドになった理由


 

 

ダイヤモンドは
天然の物質の中で最も硬いとされていて
傷つくことがなく輝き続けることから
「愛が永遠に続く」と言われています。

また、ダイヤモンドの無色透明さが
「純潔」を意味するとも言われています。

永遠の愛を誓う婚約指輪にぴったりな為、
ダイヤモンドが定番になったとされています。

 

 

「婚約」をしたときには
役所に書類を提出する必要もなく
公的な手続きをするものではありませんが、
婚約指輪はあり意味、書類に代わる
「約束を形にするもの」です。

また男性から女性へ
「これから一生あなたを大切にしていく」という
気持ちを形に表す「愛情の証」です。

プロポーズするときは
このような気持ちを持って
臨んでみてはいかがでしょうか?

プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る